主催:SAスクール(ソウル・スクール・オブ・アーキテクチュア)
開催都市:1999年ー茂朱 2000年ー江景
写真は2000年夏、江景でのセミナーのもようと、その後の展覧会のスナップ 1999年茂朱町でのサマーセミナーレポート
「新建築」誌1999年11月号掲載

[韓国の熱い夏]印南比呂志


1999年夏の韓国はさまざまなワークショップが開催され,学生,社会人共にのんびりとした余暇とは無縁の熱い夏であった。SAスクールは1998年の第1回済州島に続いて第2回目のワークショップを全羅北道の内陸都市茂朱で開催した。この学校は20数年前に建てられた故金寿根の空間社のホールを間借りして一昨年開校した。
韓国現代芸術文化の発祥とも言えるこの場所に居を構える学校の姿勢は言うにおよばないだろう。
街イベントとしての戦略
今回のワークショップは約30名の講師と53の大学から建築を主としたデザイン,アート系の学生113名が11のスタジオに分かれての競技設計方式のものであった。
茂朱町から支援を受け韓国固有の街のアイデンティティを探ることをテーマに徴兵生活のごとき1週間が皆を待ち受けていた。倉庫の一部やプールサイドの更衣室,食堂の片隅などが各スタジオに割り当てられ,毎日の講義は結婚式場を利用したりと電波少年的忍耐と従順さが必要なイベントとなっていった。
講師陣は,アメリカ,ヨーロッパなどの留学組みから,国内純粋培養組,故金寿根の空間社で鍛えられた金●,承孝相,閔賢植,李●らアトリエ派の建築家によって進められた。乳児を連れた若手女流建築家達の参加は女子学生にとっては頼もしい存在であった。街頭調査,午前午後2回の講義,朝まで続くミーティングと製作これだけでも大変な中での,スタジオ対抗水泳大会。こんな体育会系序列社会を冷めた目で見る参加者は皆無であった。
開催1か月前から国内に散らばる自分のスタジオの学生達とインターネットで連絡を取り合って,茂朱到着第一声でワークショップ終了宣言をした金仁●や精巧な街の地形模型を愛用のステレオセットと共に携えてきた金瑛燮,ロンドンでの教鞭を終えジャガーでかけつけた承孝相。このジャガーは最終日には思わぬアクシデントに見舞われたのだが・・・開始直後からスタジオ同士の牽制は始まっていた。我がスタジオはというと,何の準備もないまま観光気分で釜山からのんびりとやってきてしまった私と崔旭とのかけあい漫才的な出だしに学生達は不安の様相がはっきりと見てとれた。これだけの規模のイベントがこの片田舎で行われていることを地元のジャーナリズムも放っておくわけがなく,新聞や雑誌,TVなどの取材が開始直後から訪れはじめ,にわかに街のイベントの様相を呈してきた。これは街とSAがしかけた一種の戦略だったのかもしれない。
1万人足らずの街に突如として若者が大挙して街頭インタビューを始めるは,文房具店やコピー屋はパンク寸前になるは,喫茶や飲み屋もしかり,街に活気が蘇ってきたわけである。連日行われる講義も興味深く,特に映画評論家でもある趙成龍校長は,C.マーカーやM.アントニオーニの作品を上映して、刺激的な時間を過ごさせてくれた。
ある朝,おとなしい彼が興奮して話しかけてきた。今朝早くインターネットでアマゾンコムのオークションに参加してブレッソンの稀少なビデオを競り落としたとのこと。
彼のライブラリーがまた増え,それと共にSAでの講義が一つ増えたわけである。
そうこうしていても学生達はいつ寝ているのか不思議になるほどのバイタリティと明るさを失うことは無かった。
楽天的なアイロニー
最終日には早朝から評論家を中心とした審査員達が到着した。一日かけて各スタジオのプレゼンテーションが参加者全員を集めて行われた。2010年の冬期オリンピックに立候補しているこの街には,工事途中でスラブ剥きだしのままで放置されている巨大な集合住宅群や活気のない市場など,現在の韓国経済を象徴するような景観が席巻している。しかしこれまでのように箱の容積をむやみにつくりだしたり,広大な面や長いラインの開発を目的とした公共事業に彼等を加坦させようとしているのではない。
参加者もそれほど愚かではない。緻密な調査と分析,そして結果としての提案にはさまざまな解答が用意されていた。都市,環境,プロダクトデザイン,イベントプログラムといった様々な視点でハード,ソフト含めたものが構築されていた。つくる,建てるということが最終目標となってしまっていることへのアイロニー,つまり現在に至ってしまった韓国社会経済へのアイロニーが垣間見えることとなった。例えば,伊東豊雄事務所に在籍していた崔文●のスタジオは詩の朗読を主としながら,街のはれとけのシナリオを優美に披露した。M.ボッタ事務所に在籍していた韓晩元のスタジオは河川の中に新たな自然共生の景観をみごとに表現してみせた。これらに続くすべての提案には,ざっくりとした楽天的な世界観と共に情報,自然,伝統,風水,美意識との葛藤が表われていた。短期間のワークショップでは往々にして,エゴイスティックな抽象表現に逃げて,知ったかぶりしてしまう族が普通はいるものだが,これだけ街の現実と日常にどっぷりと浸かってガラス貼り状態での作業していると,うっかりとその一線を超えてしまいそうな姿勢を無意識に遠ざけていたのは確かである。審査会での参加学生の一人の言葉が印象的であった。「私たちは朝昼夜となく街を駆け抜け,徘徊し,街に溶け込み,街そのものになるために、結局この一週間でソウルにたどり着ける程の距離を歩いたのかもしれない。」この言葉は,今回のワークショップが空調管理された空間での机上の夢想では得られない,もの創造に対する真摯で謙虚な姿勢を彼等に気づかせたことを物語っている。
この成果は9月にソウルと茂朱,両市で展覧会として一般に公開された。
参加講師
kwon moon-sung(atelier17), kim suk-youn(kim architects associates), kim seung-hoy(kywc), kim young-joon(iroje),
kim young-sub(kimyoungsub architects associates),
kim won(architect's group forum), kim in-cheurl(archium),
kim jong-kyu(knua/m.a.r.u.), kim hun(yeda design group),
kim hong-il(with architecture & interior design), min sohn-joo(wega), min hyun-sik(knua), suh hai-lim(himma), seung hchioh-sang(iroje),
o sum-hoon(space), yi jong-ho(studio metaa),
lim jae-yong(oca architects), chung guyon(guyon architects),
joh sung-yong(johsungyong architects associates),
choi moon-kyu(gaa architects), choi wook(kpc architects),
han man-won(han urban design & architectural research),
helen park(gsak), hwang doo-jin(t.s.k. architects),
hiroshi innami(innami synthesize planning)
*workshop graphic material design by ahn sang-soo
*workshop uniform design by choi yeon-ok
sa workshop2002釜山

seoul office
ONE O ONE

韓国関連の他のプロジェクト
Heyri複合施設建築設計 / ソウルO'CONERビル建築設計 /
ワイン&ウィスキーバー"BARO" /
Visions of the Body 2005